介笑スマイル!「笑顔は介護の力になる」

脳出血のため中途障害者となった夫と介護する妻の今までとこれから

今年も半分・・・・

 

散歩していたらホタルブクロを発見!食べられると聞いて興味が(笑)

今日で6月も終わり、最近は夏越しの祓茅の輪くぐりも多くの神社で行われていますね。今年こそ行ってみようと思ったけれどまたまた行けませんでした。

ついこの前?新年を迎えたと思っていたのにもう6か月過ぎたんですね。あの元旦の大地震からも半年。今夜のニュースでも被災者の方々の色々な選択について報道されていました。時は流れていきます。

この半年で何か変わった?と尋ねられたらすぐに出てくる答えはない。それはある意味普通に生活できてきた。という幸せなのかもしれません。

悪いこともないけれど特に進歩したこともないかな?今後のことを考え検討していた電動車いすの導入も結局なし、実家では家が古くてリフォームも大変だからマンションに住み替えしたいと母から相談されこの何カ月かバタバタとしていたが結局今の所でもうしばらく住む。と言う結論に至る。

自分たちのところも実家も色々と検討することが多くて検索したり問い合わせしたりすることが多かった感じがします。人生100年時代ということで、60歳過ぎても80歳過ぎてもまだまだ生活様式を工夫しながら楽しい時間を過ごしたいものです。

わたしは相変わらず自分時間の土曜日には予定を詰め込んでいます。昨日は巻きずしの教室に参加してきました。があまりにも不格好で旦那に笑われました。でもそこで会話?のようにできることも大切だな?と思いました。あまりにも笑われたので今回はアップを控えさせていただきます(笑)

今後もパステルや筆文字など毎週のようにワークショップや講習会に参加。月末には自分が中心となる。子供向けのワークショップも控えています。(ドキドキ)

旦那は相変わらず塗り絵に熱心です。そしてわたしの空係?も継続中です。ペースが早くて・・・どこかで塗り絵の展示会もしたいくらいです。

今は東京の街並み塗り絵です。これは皇居

 

7月で在宅介護となって丸5年です。倒れた時に50代だった私たち夫婦も60代になりました。この先どうなるのかなと不安になることもしばしばあります。何かにぶち当たった時は都度考えればいいのかな・・・明日のことなんてわからない・・・そんな感じで後半に突入です。